よくあるお悩み 04

掌蹠膿疱症
(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症は手掌・足蹠に水疱、のう胞を伴う紅斑を生じる難治性の皮膚疾患で、アメリカでは尋常性乾癬の一種と考えられています。

原因

原因としては扁桃腺炎、歯槽膿漏(しそうのうろう)、虫歯、胆嚢炎、慢性虫垂炎、中耳炎、副鼻腔炎などの炎症疾患に伴ってみられ、症例によっては金属アレルギー(特に歯の治療に使用している金属)が原因のひとつにもなります。

特に2か所以上の歯科で治療している場合、合金の種類の違いからますます金属が唾液に溶けやすくなります。

また、喫煙による咽頭炎や喉頭炎も本症の原因になります。喫煙家の方は喉が痛くなくてもうがいをすることを勧めます。

まれに本疾患では、胸部・背部に一致して痛みが出現し、骨に変化をもたらす場合があります。これらの症状が出てきた場合は主治医に報告してください。

治療法

治療としては、紫外線照射および外用処置に加え、漢方薬の処方で効果を上げている症例が認められます。

内服では高濃度のビオチンいわゆるビタミンH、またはビタミンB₇といわれる成分でミヤBMの乳酸菌を併用することによって、もともと吸収の少ないビオチンの吸収を増す治療法です。

外用ではステロイド外用薬、又はビタミンD軟膏を処方します。症例によりメルスモン注射(プラセンタ)を併用し有効な場合もあります。

〈 診療案内一覧に戻る